仙台のクリニックで埋没法により綺麗な二重を手に入れました

小さい頃から凹凸が少ない顔立ちがコンプレックスだった

小さい頃から凹凸が少ない顔立ちがコンプレックスだった : 整形手術で二重にするほうがいいと考えた : アイシャドウやマスカラを使う楽しみができるようになった

小さい頃から凹凸が少ない顔立ちで、のっぺりとした地味なところにコンプレックスを抱いていました。
大学生になると化粧で派手に見せるようにするなど工夫をしていましたが、目は一重だったのでアイシャドウが似合わず、マスカラを塗っても肌にくっついてしまうという悩みがありました。
何か良い方法はないだろうかと考えたときに、アイプチの存在を知り、試しにやってみることにしました。
細いテープを瞼の上に貼り付けて、施術をした直後から数時間までは自然な仕上がりになって満足できました。
しかし汗をかいたり、数時間をこえるとテープが取れてしまって、変な形になってしまうことが多くなり悩みを持つようになりました。
友だちから毎日アイプチをするのではなく、いっそのこと整形手術をしたらどうかと提案されました。
整形手術は綺麗になるための手段だという思いがあったので、肯定的な見方をしていましたが、自分が受けるとなるとメスを体に入れるのは怖くて仕方がありません。
注射ですら痛くて嫌だという気持ちを持っているのに、メスを入れるなんて考えると自分には無理だと感じたからです。
その後もアイプチを駆使して使用していましたが、就職活動をする時期になると忙しくて朝から悠長にメイクのための時間をとることはできません。

#二重埋没修正 #二重修正 #二重整形 #二重仙台 #二重埋没失敗 #二重切開再手術 #仙台美容整形 #仙台美容外科
埋没法ではラインが付き難い症例があることは良く知られ、その場合には、切開法が必要です。
二重埋没法は、ラインが取れてしまうリスクが認められることがあります。
https://t.co/Lrlwv6VirB pic.twitter.com/kvvtInEKnn

— 仙台中央クリニック美容整形美容外科 (@sendai_chuo) 2018年10月17日